EN

翻译:


image27

円筒ころ軸受

 

転動体がころのため負荷能力が大きく、ころは内輪、または外輪のつばで案内されています。内輪、外輪が分離できますので組立がしやすく、いずれも固いはめあいをすることができます。

また、内輪、外輪いずれかがつばのない形式では軸方向に自由に動くので、軸の伸びを吸収するいわゆる自由側軸受として使うのに最適です。

一方、つばのある形式はころ端面とつばの間でわずかながらアキシアル荷重を受けることができます。さらにアキシアル負荷能力を高めるためにつば並びにころ端面形状を考慮したHT形、またラジアル負荷能力を高めるため内部設計を工夫したE形円筒ころ軸受もあります。小径サイズはE形が標準です。